FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

マトン盾の覚えがき

 Final Fantasy XI というゲームの中での
お話なので、タイトルを見て興味がないよう
でしたら読み飛ばしてください。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


-----------------------------------------------------

Nazuzuのブログ的な何か」さん
FF11用語辞典 ~ ウィンダスの仲間たち版」さん
を参考にして、マトン盾についてわたしなりに考えたことを記事にいた
します。

-----------------------------------------------------
① フレームの選択に関して

フレームは攻撃間隔・HP・MP・防御力・カット・属性値・使用WSを左右
する要因らしいです。

用語辞典さんの「オートマトン」のオートマトンの性能差という項目に記
載されている情報ですと白兵戦フレームがHP・物理防御・物理カットが
最大で、魔法・ブレスカットは2位になっています。

魔法・ブレス攻撃のみ注意する必要がある敵ですと魔法戦フレーム
選択肢に入りそうですね。

無難に白兵戦フレームを選択するのがいいと思います。


② ヘッドの選択に関して

ヘッドはジョブ的なものに関連するみたいで、ヘディーアーテフィス
使用するSPの種類も変わります。

マトン盾する時でのSPの有用性が
インビンシブル > 女神の祝福 > その他
なので白兵戦ヘッドを選ぶのがいいのかなと思っています。

女神の祝福を使うのは、
・白魔法戦ヘッド/汎用フレーム
・白魔法戦ヘッド/魔法戦フレーム
の2種類のみで、魔法・ブレス攻撃のみ痛い敵だと、白魔法戦ヘッド/
魔法戦フレームは使えるかもしれませんね。


③ 白兵戦フレームのHPに関して

FF11用語辞典 ~ ウィンダスの仲間たち版」さんの「オートマトン」と
いう記事ですと白兵戦フレームは1.2倍のボーナスみたいなのですが、
オートリペアキット」を見ると見かけ上の増加量に違いがあると書いて
あって理解しづらかったのですが、フレームによるボーナスとオートリペ
アキットの%アップは加算の関係にあるみたいですね。

正確に言いますと、

 神符などの支援&食事&装備によるHP(ストリンガーやLv+1などを含む)
x (フレームのHPボーナス+オートリペアキットの%アップ)

ということらしいです。

後述の装備&大福HQで通常エリアはHP4883、エスカエリアでドメイン
効果と神符のHP8段階でHP5331になります。


④ 装備に関して

(1) 本体も被弾する可能性があるときの装備
(大体がこの装備でマトン盾しています)
からくり装備_1
メイン:ニャフロンアダーガ(ペット:HP+200)
遠隔:ディヴィネーター(IL119)
頭:羅王頭成兜改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)
首:シェパードチェーン(ペット:被ダメ-2%)
左耳:ハンドラーピアス+1(ペット:被物理-4%)
右耳:ライムアイスピアス(ペット:被ダメ-1%/敵対+5/ヘイスト+3%)
胴:羅王闘着改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)
両手:羅王篠篭手改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)
左指:守りの指輪
右指:オーバーベアリング(HP+45/攻+15 ペット:HP+45/攻+15)
背:ビスシアスマント(HP+60/回避+20/魔回避+20 ペット:Lv+1/リジェネ+10)
腰:イーサベルト(ペット:回避+10/モクシャ+5/リジェネ+1/被ダメ-3%)
両脚:羅王板佩楯改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)
両足:羅王篠脛当改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)

合計:
 本体 = HP+105/被ダメ-10%
 マトン = HP+870/被ダメ-26%/被物理-4%/Lv+1/リジェネ+11
からくり装備_3
(マントのオグメ)

(2) 本体が被弾する可能性がなく魔法・ブレスダメージが激しいときの装備
からくり装備_2
メイン:ニャフロンアダーガ(ペット:HP+200)
遠隔:ディヴィネーター(IL119)
頭:ダイアの冑(ペット:被ダメ-10%/リジェネ+1)
首:シェパードチェーン(ペット:被ダメ-2%)
左耳:ハンドラーピアス+1(ペット:被物理-4%)
右耳:ライムアイスピアス(ペット:被ダメ-1%/敵対+5/ヘイスト+3%)
胴:羅王闘着改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)
両手:羅王篠篭手改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)
左指:守りの指輪
右指:オーバーベアリング(HP+45/攻+15 ペット:HP+45/攻+15)
背:ビスシアスマント(HP+60/回避+20/魔回避+20 ペット:Lv+1/リジェネ+10)
腰:イーサベルト(ペット:回避+10/モクシャ+5/リジェネ+1/被ダメ-3%)
両脚:羅王板佩楯改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)
両足:羅王篠脛当改(Cルート = ペット:HP+125/命中+20/被ダメ-4%)

合計:
 本体 = HP+115/被ダメ-10%
 マトン = HP+745/被ダメ-32%/被物理-4%/Lv+1/リジェネ+12
からくり装備_4
(ダイアの冑のオグメ)


⑤ アタッチメントに関して

白兵戦ヘッド/白兵戦フレームのギフト1200以上での各属性の上限値は
光=9/闇=6
火=11/土=11/水=7/氷=6/雷=9/風=9
でして、12枠までしかセット出来ません。

(1) 光枠アタッチメント
必須
A.リペアキットIV(属性値5)
O.ファイバー(属性値1)
フラッシュバルブ(属性値2)
合計 : 8/9
任意
なし

(2) 火枠アタッチメント
必須
ストロボ(属性値1)
ストロボII(属性値2)
合計 : 3/11
任意
インヒビター(属性値1)
インヒビターII(属性値2)
アチューナー(属性値2)
T.スプリングIV(属性値5)

(3) 土枠アタッチメント
必須
アーマープレートIII(属性値4)
アーマープレートIV(属性値5)
合計 :9/11
任意
イコライザー(属性値2)
シュルツン(属性値1)
バリアモジュールII(属性値2)

(3) 水枠アタッチメント
必須
マナジャマーIV(属性値5)
合計 :5/7
任意
マナジャマー(属性値2)
スチームジャケット(属性値1)


・ マトンでのタゲ取り
ストロボ&ストロボII&O.ファイバーで敵対心をあげ、ストロボ&火マニュに
よる挑発とフラッシュバルブ&光マニュによるフラッシュによりタゲ取りを
行います。

HNMですと、オーバードライヴで火マニュx3&光マニュx3&水マニュx3の
状態にしてヘディーアーテフィスによるインビンシブルでタゲをがっちり固
定しています。


・ マトンの維持
A.リペアキットIV&O.ファイバーのリジェネが凄くて主にこれにより維持
します。

通常エリアでは
光マニュx1 = 154/3secのリジェネ
光マニュx2 = 185/3secのリジェネ
となります。

エスカエリアでドメイン効果と神符のHP8段階/リジェネ9段階では
光マニュx1 = 183/3secのリジェネ
光マニュx2 = 217/3secのリジェネ
となります。


・ ダメージ軽減
Nazuzuのブログ的な何か」さんの「マトンの被ダメカットはそこまで大変
じゃなかったよ!
」という記事によりますと、

白兵戦フレームで-12.5%(32/256)
スタウトサーヴァントで-9%(23/256)
合計-21.5%(55/256)の被ダメカットがついてくるみたいです。

④の(1)の装備とアーマープレートIV & IIIとO.ファイバーでマニューバ
なしでも
21.5 + 26 + 4 + (20 + 15) x 1.1 = 90
というかんじで物理は90%カットで上限値の87.5%を超えています。

魔法とブレスは47.5%カットで、魔法防御はギフト分36(5+8+10+13)と
マナジャマーIV&O.ファイバーの光マニュx2で合計86上げています。
(80 = 36 + 40 x 1.25)


⑤ マトンがWSを撃たないようにする方法

ソロでマトンに盾をさせたいときには関係がないのですが、精霊PTで
マトンがWSを撃つと連携の邪魔になって困ります。

(1) インヒビターを使用する

インヒビター(火属性値1)には
「本体のTPが900以上の場合はWSを打たずに待つ」
という性能がありますので、これを利用します。

・マトンのTPが溜まりだしたときにタクティクスウィッチ
イカロスウィング / ダイダロスウィング等の薬品を使用する
・戦闘前に周囲の敵でTPをためる
上記3つのどれかの方法で本体のTPを900以上にしておくとマトンが
TP1000を越えてもWSを撃たなくなります。

ただ、これだけでは味方のWSや学者さんの連携に反応してWSを撃っ
てしまいますので下記の方法も併用します。


(2) タクティクスウィッチを使用する

マトンのTPが溜まってきたら、下記のマクロを使い

1行目 : /equip メインウェポン ミッドナイト <wait 1>
2行目 : /ja タクティクスウィッチ <me>
3行目 : /equip メインウェポン ニャフロンアダーガ

別の武器を装備して本体のTPを0にしてからタクティクスウィッチ
使用すればマトンのTPが0になります。

また、タクティクスウィッチの直後に/waitなしでメインウェポンを装備し
直せばマトンのTPが本体のものになります。

ギフトが増えてマトンの攻撃が当たるようになりタクティクスウィッチ
リキャスト3分以内にマトンのTPが1000を超えてしまう場合ですと、
スモークスクリーンを装着してマトンの命中をさげます。

ジョブポPTですとタゲをとったらリトリーブをして少しは連携の邪魔を
しないようにできます。


⑥ オーバーロード対策

オーバーロードするとリジェネがなくり危険な状態になるので防がな
ければいけません。

(1) オーバーロード確率ダウンの装備を使用する

用語辞典さんの「オーバーロード」という記事の「関連装備品一覧」と
いう項目に書かれている装備を使うのですが、今現在はマトンのステ
ータスが低すぎて
バフーンカラービスシアスマントの2個だけでも
アクティベート応急処置した直後でもないかぎりオーバーロードしま
せん。

緊急時のことを考えて、アクティベート応急処置のマクロにミッドナイト
を装備するマクロを作ってもいいかもです。


(2) クールダウンを使用する

万が一オーバーロードした場合やアクティベート応急処置の直後に
念のために使用するといいです。


(3) オーバードライヴを使用する

オーバードライヴ中はオーバーロードしません。


(4) マニューバの効果時間を増やす

用語辞典さんの「マニューバ」という記事の「ディプロイによる効果時間
の延長」という項目に
「ディプロイによってオートマトンが戦闘状態になっている間、その累積
時間のおよそ1/3が全マニューバの効果時間に加算される。
最大延長時間は+4分。(累積戦闘時間12分)」
と記載されてまして、これを利用します。

具体的にいいますと、NM戦の前に周囲の敵にディプロイしておいてか
らNM戦を開始したり、開幕にオーバードライヴ&ヘディーアーテフィス
インビンシブルを使用して戦闘時間を稼いだりです。


(5) ヒートシンクコンデンサーを使用する

ヒートシンクオーバーロード発生確率を低下するアタッチメントで、
コンデンサーは水マニュがあれば100%オーバーロードを防げます。

現状は必要ないのですが、将来マトンのステータスが上がった時
には役に立つかもですね。



-----------------------------------------------------
スポンサーサイト
line

あいさつ

ブログの練習用に書いているもので
まだお見せできる程ではありませんが

この時こういうことがあったんだよという日記的なものや
こういう勉強をしましたという備忘録的なものを
書いていこうと思っています
line

line
プロフィール

chihiro

Author:chihiro
小学生の男の子をもつ
ママのブログです

line
最新記事
line
カテゴリ
line
カウンター
現在の閲覧者数:

累計:
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
sub_line
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
ゲームプロフィール

Profile

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。